総量規制対象外で借り換えしてみた

総量規制対象外で借り換えしてみた!

【自己紹介】

名前:ひろあき(仮名)
年齢:35歳
年収:500万円
中小企業勤続約15年
役職:係長
既婚者 妻と子供の4人暮らし
自宅:持家(中古)

消費者金融から借りたのは約10年ほど前。その当時パチンコ・スロットにはまってしまい、給料がでればすぐにパチンコに行っていた。

 

今思うと病気ぐらいにスロットが打ちたくて、毎日スロットの事ばかり考えたいた日々。

 

スロットの雑誌を買ってはイメージを繰り返し、仕事中でも打ちたくて打ちたくてどうしようもない日々だった。

 

最初の借入はクレジットカードのキャッシングだった。クレジットカードのキャッシングは基本的に翌月一括払いとなっている為、借りるのは最小限にして、いつも1万円〜2万しか引き出しはしなかった。

 

こずかい範囲でやっていたため、あまりにもキャッシングすると、翌月返済ができないからだ。

 

しかし、キャッシングとは便利なもので、スロットに熱くなって、やめ時をのがし、その台が高設定だと信じて打ちまくった挙句、金が底をついてしまった。そのまま帰ればよかったのに、キャッシングができると頭がよぎり、返済のことなど考えずにキャッシングしに銀行へ向かってしまったのだ。

 

一気に5万円キャッシングして、きっとスロットは勝つと信じていたが、結果は全部負け・・・

 

そのキャッシングは基本的に翌月一括払いの為、当然こずかいでは賄えない。

 

そんなとき、消費者金融なら10万円借りても最低返済額は3千円というのを思い出した。最低返済額が3千円なら、余裕で返済できると思い、すぐにアコムへ借りに行った。

 

アコムの無人機に夕方6時過ぎに行ったが、約1時間で限度額50万円が借りられた。すぐにカードが出てきて、横のATMより10万円借りたのが始まりでした。

 

アコムは無人契約機での対応も非常によく、契約時に自宅には一切電話も郵便も辞めてほしいといったら、本当に郵送も、連絡も何もない。やはり家族には知られたくないので、アコムは本当にありがたかった。ただ、アコムのメールに登録したため、返済期日前や、増額の案内などが良くメールが届く。

 

メールはACサービスセンターとなっているので、一瞬分からないが、メールを見ればすぐにアコムと分かった。返済期日前のメールはありがたいが、増額メールなどは、正直いらないと思う(笑)

消費者金融からの借入増加

アコムで10万円借りて毎月1万円づつでもきちんと返済すれば良いものを、最低返済金額が4千円程度だったこともあり、スロットで取り返そうと人間だれもが思ってしまうのではないか?ぐらいの感覚に陥る。

 

アコムでの借入は借金なのに、なぜか自分のキャッシュカードから預金をおろしているように思えるのだ。10万円だった借金はいつも間にか20万円、30万円と増え、いつしか限度額一杯の50万までなってしまった。

 

さすがにこのままではまずいと思い、2件目のプロミスでも50万円借りてしまった。限度額は10万円でも良かったが、受付の人が50万円まで限度額が取れると聞いたので、ついつい50万円の設定にしてしまったのだ。

 

そんなことをしていたら、気づいた時には、プロミスも限度額一杯になっており、合計で借入は100万円になっていた。その時に低金利のカードローンへ借り換えしておけばもしかしたら、こんなことにはならなかったのかも・・・カードローン借り換え審査はこのサイトで意外と借りれると見たことがあったし。

 

そこから何年がたっただろう、今の借金はクレジットカードのキャッシングと消費者金融3件で合計250万円までなってしまった。具体的にどうやって増えたのかは、書きたくない(笑)

総量規制という法律があるを知って驚愕

250万まで借金が膨らむと、返済は自転車操業になる。消費者金融の返済の為に、限度額内から追加借入し、他の消費者金融へ返済。そして、その消費者金融でまた限度額内で借入をして、別の消費者金融へ返済する。

 

これはいわえる、利息だけ支払して、どんどん追加借りれをしているだけなので、当然借金は膨れ上がってしまうのだ。

 

しかし、まだ追加借入ができるので安心していたが、2010年6月すぎにいつも通りATMよりキャッシングしようとしたら、なぜか限度額内での追加ができなかった。

 

消費者金融会社に問い合わせてみると、総量規制なるものができて、今後は年収3分の1を超える貸付はできないとのこと、そして私の年収証明を提出して、借入の合計が年収3分の1未満であれば、上限1/3までは貸付ができると説明を受けた。

 

いきなりそんなこと言われても、追加借入できなかったら、返済ができない!!!!と説明し、今回だけ、追加融資ができるよう懇願したものの、「法律ですから」と胸に突き刺さる返事。

 

私はその会心の一撃で自宅に帰ることを決意したのだった。

総量規制対象外があることを知ったひろあき

自宅に帰って、返済をどうしようと憔悴しきっていた私は、焼うどんも口にはいらず、麺を口から垂れ流したまま、どうしようと方法を考えていた。

 

とりあえず、総量規制なるものを調べようとインターネットで検索してみた。

 

すると・・・・・なんと!!総量規制対象外のカードローンなるものがあるではないか!!

 

消費者金融は総量規制の対象の為、年収3分の1までしか借りられないが、総量規制対象外なら、年収3分の1以上でも借りられるとのこと!

 

なんだこの法律は!!!!

 

総量規制対象外があるなら、最初から追加融資を止めるな!とパソコンに叫んだが、もともとはスロットで使った自分が悪いと判明し、いささかおとなしくなった。

 

つづく。。

 

ちなみに総量規制対象外を知ったサイトはこちら。分かり易くて、自分でもよく理解できました。